投稿

小説の書き方講座……じゃなくて書けない原因を取り除く講座! 第三章

 なかなか書き続けられない、なんだかまとまらない。そういう時ありませんか?! もくじ 目標、計画を作る事の重要性 目標、計画の作り方 目標、計画を作る事の重要性 皆さんは小説を書く時、目標、計画を立てていますか。例えば、何文字書く、何時何時までに完結させるという物ですね。 実は目標を立てる事はとても重要です。なんとなくは理解していると思いますが、はっきりなぜ重要か、認識をしている人は少ないかと思います。 簡単にいってしまうと、脳に小説を書く事は重要な事であると、認識させるために目標は必要なのです。自己暗示という言葉を使ってもいいでしょう。 そして、計画は小さな成功体験をするために、必要です。 目標、計画の作り方 という事で簡単ですが重要性は認識できたでしょうか。ここからは具体的に作り方を書いていきます。 まず目標です。目標は明確に、具体的に立ててください。〇月〇日までに〇文字書く。という感じです。そして、その目標をどこかで宣言してください。Twitterなどがいいでしょう。 そうする事で、監視の目を作るとともに、応援してくれる人が現れる可能性があります。加えて言えば、自分自身が言った事と違う行動、目標達成に必要ない行動をとった時に、罪悪感を感じて、軌道修正をする事ができます。逃げ道を無くすという事です。 そして計画です。計画も当たり前ですが具体的に作りましょう。 プロットという物を知っていますよね。プロットとスケジュールを合体したような物を作ります。 イメージしやすい様に例をあげます。 〇A君学校に行く A君学校に行く最中にBちゃんに会う A君は顔を赤らめて、Bちゃんと会話をする 〇月〇日 1000文字 すごく簡単ですがこういう事です。月と日にちは、この日はこの部分をこの文字数で書く、という物です。 これを作り、見ながら小説を書きましょう。そして、終わったら、終わったマークをつけます。私の場合「○」を「●」に変えます。この行為が小さな成功体験となっていきます。モチベーションの維持が容易になる訳です。 ※キャラが勝手に動き出すの系の天才さんは、こういうページを見ていないと思いますので、そういう方は対象ではありません。 必ずしもこの通りにしなくてもいいですが、外してほしくない要素は、とにかく細かく、そして、一個一個を自分にとって簡単な物にしてください。一日100文字しか

小説の書き方講座……じゃなくて書けない原因を取り除く講座! 第二章

第二章は前の章、決断疲れによる脳のエネルギー不足の別アプローチ編です! 前の記事は下からどうぞ! それ決断疲れじゃない?! もくじ マインドフルネスで脳のエネルギーの無駄使いを止める マインドフルネスはこうやるのです 意外と効くぞ、唯丑に現れた効果 マインドフルネスで脳のエネルギーの無駄使いを止める マインドフルネスという言葉を聞いた事ありますか? 少し前にGoogleがマインドフルネスを社員研修に取り入れて、話題になりました。サーチ・インサイド・ユアセルフという名前の研修です。少なくとも、訳の分からない方法をあの大企業が、取り入れる訳が無いので、これだけも興味が、出て来ているのではないでしょうか?! マインドフルネスとは簡単に言うと「今ここに集中する」という事をトレーニングする方法です。過去の失敗を思い出して、悔やんだり、今後起こる可能性のある事を考えすぎて、不安になったり、そういった事をしないようにするためのトレーニングです。 脳はこの過去の事や未来の事を考える時、とんでもなくエネルギー消費するそうです。しかも、寝てる時以外の休んでいる時でも、常に過去や未来を思考しているので、休めていないというのが現状です。ボーッとしている時でも、何か考えていませんか? それを止めない限り、脳は常に休めず、疲れた状態で本来のパワーを発揮できないのです。 小説を書けないのも、そういうのが原因かもしれません。 マインドフルネスはこうやるのです ではさっそく、マインドフルネスの方法を書いていきます。種類はたくさんありますが、ここでは基本のマインドフルネス瞑想法の方法を書きます。これが一番簡単です。瞑想するだけなので。興味があったら調べてみてください。 マインドフルネス瞑想法は名前の通り、瞑想です。胡坐をかいて、背筋を伸ばし、鼻から息を吸って、口から吐く。手は力を抜いて手のひらを上にして、膝の上に置きます。呼吸に収集してください。毎回、吸う空気の量が違ったりして、意外と不安定です。体の感覚にも注目しましょう。体重がかかって、体のどこかが痛かったりすると思います。そういう物をただ感じてください。ジャッジはせず、あるがままに受け入れるのです。そうしていると、雑念が出てくると思いますので、気づいたら「雑念、雑念」と考え、雑念を頭の外に追い出すイメージをして、また体の感覚に注意を向けてください

小説の書き方講座……じゃなくて書けない原因を取り除く講座! 第一章

 小説がなかなか書き始めれない、内容が決まらない、そんな事ないですか? 記念すべき一回目の講座です! ついに始まりました。 前の記事もあります! プロローグと評して、どういう講座なのか書いています。よかったら見てやってください! 小説の書き方講座……じゃなくて書けない原因を取り除く講座! プロローグ もくじ 書き始められない、内容が決まらない、それ決断疲れじゃない?! 世界のエリートはやっている! 私が実践する決断疲れを防ぐ方法 それって決断疲れじゃない?! 決断疲れという物をご存じでしょうか? あまり知られていないかもですが、人間は一日に決断できる回数が決まっているそうです。回数ははっきりとはわかりません。個人差もあるでしょう。とにかく、現代人はとんでもない情報量の中で生きているせいで、途方もない回数の決断をして、途方もないエネルギーを消費しているのです。 そのせいで脳は対策を何もしていなければ、エネルギー不足に陥っています。そんな中で小説を書くという、脳のエネルギーをとんでもなく消費する行為をしようとすれば、脳がもうやめた方が良いって、とブレーキをかけてきます。そうなった状態が、書き始められない、内容が決まらない、という状態だと、私は考えている訳です。 世界のエリートがやっている! 結構、有名な話で知っている人もいるかもしれませんが、スティーブ・ジョブズは決断疲れを回避するために、いつも同じ服を着ていたそうです。プレゼンをしている格好を皆さんは覚えていますか? 黒のタートルネックにジーパンでした。ずっとあの恰好をしていたそうです。あの服を着ると決めていれば、服を決めるという決断はしなくてすみます。 それから有名な所で、イチローもやっています。カレーを毎朝食べていたという話を聞いた事がありませんか? 体調を整えるためというのと、何を食べるかという決断をしないために、決まった物を食べていたのではないかと思います。 私が実践する決断疲れを防ぐ方法 という事で、私が実践している方法を紹介していきたいと思います。 まず、食事です。私は食事を決めています。朝、味噌汁(具も飽きたら変えますが、ずっと同じです)のみ、昼は納豆とグラノーラ、夜は雑穀米と味噌汁(多めに作って、次の日の朝に残します)です。たまに、唐揚げが食べたくなったり、外食したりしますが、基本はこれです。食事の決断

高岩唯丑リンク集!

リンクがかなり増えて来てしまって、まとめました! よろしければ活用してください。 ブログトップページ 小説 ・Amazon(kindle) 著者ページ 異世界に召喚されたのは居合を駆使する女の子!01: 可愛い猫は、異世界に来てしまう 異世界に召喚されたのは居合を駆使する女の子!02: 可愛い猫は、海を目指す 私、老衰して三途の川拒否ったら異世界転生しちゃったのじゃ?!01 ・アルファポリス 著者ページ 闘いの日々には、もうウンザリ!妖怪の王は、異世界でスローライフを目指す……が、ままならず! その他 ・ 唯丑の時間チャンネルページ (YouTube) ・ ほしいものリスト ・ 読書記録 (Twitterが開きます、Twitter上で #唯丑の読書 と調べてもらっても出ます) ・ 小説の書き方講座……じゃなくて書けない原因を取り除く講座!

小説の書き方講座……じゃなくて書けない原因を取り除く講座! プロローグ

はじめに ダビデ像の制作秘話知ってる? ダビデ像を作ったミケランジェロは、この創作をする時に、どのように作ったかご存じですか。それはダビデらしくない物をすべて、排除していったらしいです。つまり、ダビデってどんな感じかという問いには、みんなの理想的な物が含まれたバラバラの答えが返ってくる、けどダビデらしくないのは、どんな感じかという問いには、だいたい同じ答えが返ってくるという事です。残った物はダビデという事ですね。 この講座の意味をまず説明していきたいと思います! 小説の書き方を説明している書籍やインターネットのページは、おそらく見た事があると思います。いわゆる、シナリオの考え方や、キャラクターの作り方、世界観の設定の作り方などなどですね。 そういった物って、それぞれ理想的、あるいは自分にとって最適な創作方法を紹介してるだけで、あなたにとって最適な創作方法ではない可能性がある訳です。 書けない人は、書けないからこそ助けを求めて、そういう物を読み漁っているはずです。しかし、人の理想やその人が成功した最適な方法を見ても、解決策にはならない。 そもそも、小説を書ける人というのは、書き方をよく知っているのではなく、書けない原因を上手く取り除いてるのです。あるいは偶然、原因を避けています。それに気づかず、創作論を無理やり文章化してるわけです。 小説は基本的に自由です。どんな事を書いてもいい。書き方なんて人それぞれなのに、創作論という物に頼ろうとするから、より迷宮にハマる。最低限の基本と、あとは自分の想像力さえあれば、小説は書けるのです。 つまりどういう事? つまりは小説の書き方はもう勉強して、身につけているのだから、書けない原因を取り除く事で、小説は書けるようになるという事です。逆転の発想ですね。 言いたい事が伝わっているか心配ですが、こういう考えの元、いろいろ方法を紹介していきます。 使用する方法は 私はいろいろな書籍を読んでいます。そしていろいろな事を知りました。この講座はそんな知識を応用して、書けない原因を取り除いていく方法を考えていきます。 実際に私が実践している物なので、全く効果がないという物は無いはずです。 具体的にはマインドフルネスやメンタル術、自己啓発系のビジネス書の方法ですね。 今回はここまで 次から本格的に書いていきます。よろしくお願いします! 第一章へ移動

異世界に召喚されたのは居合を駆使する女の子! 用語集!

イメージ
 可愛い猫はシリーズ紹介記事 第三弾! 今回は用語集 ※第二巻終了時の用語説明になります。ネタバレもありますのでお気をつけください。 セルネグ国 本作の舞台となる国。もともとは平和な国で戦争もなく内乱も特になかった。影の魔物が現れてから、各都市が分断され危機に瀕している。 中央に王都があり、イグオール領は西側、スザネク領はさらに西側の海に面している。 イグオール領 領主はクロエ・イグオール。かなり小さい領で街が城下の物一つしかない。街の外に住む人がそれなりにいるが、影の魔物が現れた段階で、すぐにクロエが街の中に避難させている。砦の数も少なく、すべての兵士も街に避難させている。 スザネク領 領主はレルファエル・スザネク。イグオールの西に位置して、かなり大きい領。海に面しているおかげで、貿易が盛んでお金持ち。戦乱の世に勢力拡大し、そのまま今の領土になっている。 ネーロ家 シルクの家系。じつはイグオール家の第一の家臣と呼べるほど、付き合いが長い為、城に勤めている者はネーロ家に頭が上がらない。とは言っても、ネーロ家自体が生粋の使用人気質のため、あれこれ政に口出しする事はしない。使用人の長はネーロ家の者が就任するのが通例。 影の魔物 セルネグ国に突如現れた謎の存在。黒いモヤで体が構成されていて、倒すと霧散して消える。ボスは人間だが影の魔物を構成する黒いモヤを体にまとっている。過去にも現れた事があり、その時はリコの先祖が討伐した。その時の記録では、ボスの正体が人間だったという物がなく、昔起こった事と、今起こっている事は、別の物の可能性があるとクロエは予想した。 木天蓼(マタタビ) 妖刀。リコの家の家宝。過去、失踪した梨苗家の者が持ち去ったとされていたが、実際は木天蓼を持って異世界に迷い込んでいた。その為、異世界のイグオールに保管されていた。それをリコが異世界へ迷い込んだ際、発見する。 木天蓼は昔、悪さをしていた化け猫を梨苗家初代が討伐して、その爪から作った刀。化け猫の妖力が残っており、鞘で封印している。抜けば凄まじい力を手にできる代わりに、次第に狂気にとらわれてしまう。 猫爪流居合術 妖刀・木天蓼(マタタビ)を活用するために作り出された剣術。抜けば、強大な力を使えるが、狂気に囚われる。しかし、抜いてもすぐに鞘に戻せば、狂気にとらわれず、一瞬だけだが、妖刀の力を使えるという所に着

異世界に召喚されたのは居合を駆使する女の子! キャラ紹介(*'ω'*)

イメージ
 可愛い猫はシリーズ紹介記事、第2段! キャラ紹介編! ※2巻終了時のキャラ紹介です。両方を読んでいない場合、ネタバレになる恐れがあります。ご注意ください。 一回目の紹介記事もぜひ読んでみてください! 異世界に召喚されたのは居合を駆使する女の子! 制作裏話(*'ω'*) リコ(梨苗 理子・ナシナワ リコ)※フルネーム初出し 本作の主人公。日本生まれ、日本育ち。剣道道場の娘で、激強い。リコの家の道場は剣道を教えてはいるが、本来は猫爪流居合術という、古流の剣術道場。ただ、時代が流れ剣術が廃ってしまったため、剣道道場を始める。猫爪流は望めば誰でも学べる事になっているが、梨苗家の者しか、修めていない。 ある日、突然、異世界に召喚される。そこがイグオール城の武器保管庫で、木天蓼(マタタビ)が保管してあった。それを利用して、影の魔物を撃退する。クロエから腕を見込まれ、影の魔物の討伐をする事に。 性格は天真爛漫、稽古の日々でずっと真面目だったため、その反動で、今のような性格になったと、リコ自身は思っている。( *´艸`) 梨苗家家宝の刀の木天蓼(マタタビ)を抜ききって使用した為、猫の耳と尻尾が生えてしまう。リコのみが狂ってしまうという影響を受けず、耳と尻尾が生えるという影響の受け方をした。 その後、間接的に人を殺すという経験をしてしまうが、驚くほど、何にも感じなかった事を悩む。それは…………( *´艸`) クロエ・イグオール イグオール領主。魔法は使えないもののかなり強い。面倒見がよく、優しい。女性だが、男気がある。出番は少ない。実は新人の城勤めの者は必ず、中性的な顔立ちの男性だと思っていた、と驚く恒例行事がある。その時に城勤め女性陣の恋心は砕け散るのだが、エネリーのみが、いまだに恋心を持っている。 出自に秘密があるが、2巻の番外編に書かれているので、読んでください( *´艸`) Amazon販売ページは こちら シルク・ネーロ ※フルネーム初出し イグオール家に代々使用人として仕えているネーロ家の娘。父母がさっさと引退して、隠居してしまった為、本来使用人の長を務めるはずだった。しかし、若いため、代理で別の者が勤める事になり、シルクは一般メイドとして働いている。 性格は物静かだが、物事はズバリと言うタイプ。毒舌とまではいかないが、口は悪め。城の中で魔法が使える二人